ABARTH Abarth 500をお探しならオートプラネット。

WHITEHOUSE GROUP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 中古車検索
  • 5つの安心
  • APのおもてなし
  • カーライフサポート
  • アフターメンテナンス
  • 輸入車買取

Uカー試乗記 WHITEHOUSE USED CAR DRIVE IMPRESSION

気になるあの中古車を徹底レビュー!

IMPRESSION / 月3回更新 1.11.20日

2011/05/11UPDATE

第194回

路上のエンターテイナー!

Abarth 500 (2009)

194_main_p

Histroy

Abarth 500  とは?

フィアット500のアバルト版

「アバルト500」は新型フィアット500をベースに、2007年にフィアット傘下で復活した名門ブランド「アバルト」が仕立てた高性能モデル。アバルトはもともと、1950年代から60年代にかけて旧フィアット500のチューニングで名声を得たブランドであり、新型アバルト500は言わばその復活を象徴するモデルだ。

日本では2009年4月に、右ハンドル・5MT仕様から発売。価格は295万円で、標準ボディカラーはビアンコ・ガーラ(ソリッドの白)。さらに有償オプションとしてロッソ・オフィチーナ(ソリッドの赤)、ネロ・スコルピオーネ(メタリックの黒)、グリジオ・カンポボーロ(ソリッドのグレー)、ビアンコ・イリダート(パールホワイト)が用意された。半年後の10月には左ハンドル仕様が追加されている。

今回試乗したアバルト500 (2009年モデル)

2009年12月には純正チューニングキット「エッセエッセ キット」を導入。これは最高出力を160ps、最大トルクを23.5kgmにアップする専用ECUやBMC製エアクリーナー、ローダウンスプリング、専用17インチホイール&タイヤ、高性能ブレーキパッド&ドリルドディスク等をセットにしたもの。取付対象は購入後1年未満かつ走行距離2万km未満のアバルト500に限られ、価格は取付費込みで46万2000円とされた。

「esseesse kit」は専用の木箱に入って届けられる(フィアット グループ オートモービルズ ジャパン)

2010年にはキセノンを標準化。「500C」も登場

2010年の6月にはプロジェクター式バイキセノンヘッドライト(ウォッシャー付)が標準装備となり、価格は4万円高い299万円となった。

10月にはフィアット500Cと同じ電動キャンバストップを備えた「アバルト500C」が登場。こちらは5速セミAT「アバルトコンペティツィオーネ」となり、ボタン式シフトセレクターやパドルシフトを装備。この500Cのみ、最高出力は5psアップの140psとなった。価格はアバルト500より40万円高い339万円で、ボディカラーには2トーンの「ビコローレ」も用意された。

アバルト500C(フィアット グループ オートモービルズ ジャパン)

さらに11月には、アバルトとフェラーリのコラボレーションモデルとして「アバルト 695 トリブート フェラーリ(Tributo Ferrari)」が世界限定1696台、日本限定150台で発売された。ボディタイプはクーペのみで、最高出力は180ps、最大トルクは25.5kgmまでアップ。変速機は「アバルトコンペティツィオーネ」のみで、価格は569万5000円とされた。(2011.5)

アバルト 695 トリブート フェラーリ(フィアット グループ オートモービルズ ジャパン)

194_graph

Outside

ボディサイズ&デザイン

「小で大を制す」精神を体現

小粒ながらチューニングカー然とした雰囲気は、1960年代のアバルト695SSあたりを彷彿とさせるもの。インタークーラーを収めた大型フロントバンパー、大型ルーフスポイラー、サイドスカート、ディフューザー付リアバンパー、2本出しマフラー、16インチアルミホイール、赤いブレーキキャリパー、サソリのマーク等々の仰々しいパーツが、可愛らしいフィアット500の印象を一変させている。

大型バンパーを装着した分、全長はベース車のフィアット500より110mm長いが、それ以外のサイズは同じ。特に全幅は5ナンバー枠(1700mm以下)までかなり余裕を残した1625mmしかないし、2300mmのホイールベースは今どきの軽自動車よりも短い。昔からアバルトの魅力である「小で大を制す(小さなクルマで大排気量車に勝つ)」痛快さを予感させるデザインだ。

全長3655mm×全幅1625mm×全高1515mm。ホイールベース:2300mm

初期モデルのヘッドライト(写真)はマルチリフレクターだが、2010年秋以降はプロジェクター(バイキセノン)が標準になる

キャリパーはブレンボ製ではないが、赤く塗装される。サイドステッカーはオプション

ディフューザー形状のリアバンパーと2本出しマフラーが迫力。ルーフスポイラーも大型

Inside

インテリア&ユーティリティ

専用メーター、D型ステアリング、アルミ製シフトノブ

インテリアは、カジュアルなフィアット500と異なり、黒ベースのパーツが増えて硬派かつスポーティに変身。アバルト専用装備は、下部がフラットなD型シェイプのレザーステアリングホイール、ブーストメーター(過給圧計)&シフトアップインジケーター、レザースポーツシート、アルミ製シフトノブ、アルミ製スポーツペダル等々。メーターの文字盤も白から黒に変更され、ずいぶん見やすくなっている。

ダッシュボードに突き出たブースト計は標準装備。インパネ左側のアバルトバッジは非オリジナル

アルミ製シフトノブは冬は冷たく、夏はかなり熱くなるが、掌へのフィット感は悪くない

メーターの基本部分はフィアット500と同じだが、文字盤はアバルト専用

周囲はブースト計で、中央はシフトアップインジケーター

レザーシートが標準。エアバッグは計7個

フロントシートは基本的に赤のレザーで(ボディカラーが赤なら、黒レザー)、適度にホールド感がある。ステアリングのテレスコ(伸縮)が出来なかったり、ペダルレイアウトが少し窮屈だったりはするが、すぐに慣れると思う。

深紅の前席に対して黒となるリアシートは、座面の短さが少し気になる。同じシート形状のフィアット500では感じないことなので、単に素材の違い(ファブリックとレザー)による感覚的なものだろう。またセミバケットタイプのフロントシートが前方視界を遮るため、閉所感も少しある。

安全装備は充実していて、エアバッグはフィアット500と同じように、前席正面が2個、前席サイドが2個、前席ウインドウが2個、運転席ニー(膝)が1個と、計7個を標準装備。同クラスの欧州車と比べても、衝突安全対策はかなり入念だ。

ハイバックタイプのレザーシートが標準。シートヒーターはオプションでも用意されていない

黒レザーとなるリアシート。意外に広いが、居住性はフィアット500に譲る

トランク容量はミニマムだが、後席の背もたれは5:5分割で倒れる

フィアット500は応急スペアタイアを積むが、アバルト500はパンク修理キット

Impression

試乗インプレッション

アバルトらしさが弾ける

試乗車は導入初年度の2009年式。初年度登録から1年半ほどのワンオーナー車だが、走行距離は1万5000kmと少し多め。コンディションは全体的に良好で、価格は新車時の295万円に対して249万円だった。

アバルト500に乗るのは今回で3回目だったが、アイドリング時のくぐもったサウンド、特に車外で聞くグロロロ・・・・・・といった低音は凄みがあって、相変わらずワクワクする。ちょっぴり懐かしい「チューニングカーの音」だ。

試乗車の動的コンディションは新車に見劣りすることはなく、走った印象もデビュー当時とまったく同じだった。クラッチペダルやステアリングこそ少し重めだが、神経質なところはまったくなし。発進はイージーだし、マニュアルシフトもコツ要らず。トルクも太いので、その気になればズボラな運転も許される。見かけによらず小回りは苦手だが、普通にマニュアル車に乗れる人なら、緊張感なしで運転できると思う。

それでも、ダッシュボードのスポーツスイッチを押し、アクセルを踏み込むと少し様子が違ってくる。一瞬のターボラグがあった後、かんしゃく玉が弾けるような加速が始まり、若干のトルクステアを出しながら、1速、2速、3速と一気に吹け上がる。直進安定性はESPなどの電子制御システムが保ってくれるが、意図的に「危うさ」を残しているあたりがアバルトらしくて面白い。

サスペンションが硬めだったり(ストロークも短い)、ホイールベースが短かかったり、ということで、舗装が悪いところではヒョコヒョコした動きが続くが、ボディの剛性感はしっかりしている。MINIクーパーSみたいにサーキットでも通用しそうな高性能シャシーではないが、飛ばさなくても「攻めてる」感じが楽しい。このあたりのエンターテイナーぶりは、まさにイタ車らしいところ。

最高速(発表値)は205km/hだが、高速域では緊張感が高まる。0-100km/h加速は7.9秒

エンジンはフィアット500 1.4のDOHCユニットにIHI製ターボを追加したもの。馬力は35%増の135ps、トルクは37%増の18.4kgm(スポーツスイッチ使用時は57%増の21.0kgm)

Spec

試乗車スペック

年式・車名 2009 Abarth 500
形式 ABA-312141
寸法 全長3655mm×全幅1625mm×全高1515mm
ホイールベース 2300mm
車重 1110kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
エンジン 1368cc 直列4気筒DOHC・4バルブ・ターボ
最高出力 99kW(135ps) / 5500rpm
最大トルク 180Nm(18.4kgm) / 4500rpm
最大トルク(スポーツスイッチ使用時) 206Nm(21.0kgm) / 3000rpm
トランスミッション 5速MT
使用燃料/容量 プレミアムガソリン / 35L
10・15モード燃費 -km/L
タイヤ 195/45R16
最小回転半径 -m
販売時期 2009年4月
当時の新車価格 295万円

今回試乗した車

初年度登録 2009年9月
試乗日 2011年4月
走行距離 1万5000km
ボディカラー ビアンコ・ガーラ
備考 ワンオーナー、新車保証残りあり
AIS評価点 4.5点
販売価格 249万円(消費税込み)

Purchase Guide

購入ガイド

今のところ新車もあり。500CのセミATも

今のところアバルト500は発売から2年しか経っていないため、新車とUカーとの価格差は少ない。新車にはメーカー保証がフルに3年間(10万kmまで)付くことを踏まえた上で、自分なりの価値観でお得と思えるUカーを選びたいところ。走行距離に関しては、それほど気にしなくていいだろう。個人的にはこのフィアット500系のシャシー、10万km走っても、要の部分はぜんぜんへたらないような気がしている。

仕様については、2010年後半からプロジェクター&バイキセノンヘッドライトが標準装備になり、より明るく、見た目の質感も高まっている。また途中から追加された左ハンドル仕様は、日本だと不便なこともあるが(駐車チケットがとりにくいとか)、運転ポジションは右ハンドルよりしっくりくる可能性があるし、よりイタ車っぽくて面白いはず。

今のところアバルト500は5MTのみだが、オープンモデルの500CはセミAT(アバルトコンペティツィオーネ)になる。「アバルトならマニュアルだろう」と思いがちだが、実際500Cに乗ってみると、楽しさは5MTと大差なく、セミATならではの面白さもある。またフェラーリのようなボタン式シフトセレクターやパドルシフトも楽しい。出来れば新車があるうちに、正規ディーラー(全国に4店舗しかないが)で一度試乗してみるといいだろう。

オートプラネット名古屋に並ぶアバルトモデル。奧はアバルト グランデプント

「フィアット500 vs. アバルト500」なら?

中にはフィアット500とアバルト500で迷う方もいるだろう。フィアット500も実にいいクルマで、アバルトにはない魅力がたくさんある。例えばキュートなスタイル、ホッとできるインテリア、気持ちが明るくなるグラスルーフの設定(アバルト500にないのが残念)、穏やかな乗り味、そして輸入車でナンバー1を争う燃費の良さなどだ。燃費に関しては、インターネットで収集したユーザーの実燃費情報で決まる「e燃費アワード」で、2009年度は輸入車1位、2010年度は2位に入っている。

つまりこの両者、キャラクター的には正反対で、どちらを選ぶかはまさにクルマ人生の大きな分かれ道。けっこう難問だが、あえて一つアドバイスするなら、クルマに乗る時間が長い人ならフィアット500を、たまに乗るだけならアバルト500がいいと思う。フィアット500ならずっと一緒にいても疲れないし、一方のアバルト500なら遊園地の乗り物のようにドライバーをスカッと楽しませてくれるはずだ。

見ても、乗っても、所有しても楽しい。アバルト500はまさにそんなクルマ

Abarth 500の中古車を検索!

PAGETOP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

オートプラネット
愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 tel 0561-37-5333(代表)
平日10:00 ~ 19:00 土日祝10:00 ~ 19:30 サービス受付10:00 ~ 18:30 ■水曜定休
オートプラネットでは輸入中古車(外車)を中心にお取り扱いしております。
  • facebook
  • twitter
  • アクセス
  • フロアマップ
WHITEHOUSE GROUP
株式会社ホワイトハウス
プライバシーポリシー

2013 © WHITEHOUSE Co.,ltd. All rights reserved.