Alfa Romeo Alfa Romeo Alfa 156 TIをお探しならオートプラネット。

WHITEHOUSE GROUP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 中古車検索
  • 5つの安心
  • APのおもてなし
  • カーライフサポート
  • アフターメンテナンス
  • 輸入車買取

Uカー試乗記 WHITEHOUSE USED CAR DRIVE IMPRESSION

気になるあの中古車を徹底レビュー!

IMPRESSION / 月3回更新 1.11.20日

2009/01/21UPDATE

第111回

156の完成型、「TI」でアルファを味わう!

Alfa Romeo Alfa 156 TI 2.0 JTS (2004)

111_main_p

Histroy

Alfa Romeo Alfa 156 TI  2.0 JTS  とは?

その前に156シリーズの概要

「156」シリーズは1997年(日本では1998年)から2005年まで販売されたアルファロメオの中型スポーツセダンだ。欧州カー・オブ・ザ・ イヤーを受賞したほか、日本でも大ヒットするなど、イタリア車やアルファロメオの世界を多くの人に開放した。全世界で68万台以上、日本では1万7000 台以上が販売された。

156は2003年にジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザイン社によってフェイスリフト(外観マイナーチェンジ)が行われている。つまりフェイスリフト前(1997~2003年)とフェイスリフト後(2003~2005年)に分かれるわけだ。

フェイスリフト後のモデルは搭載エンジンによって「2.0 JTS」(166ps、21.0kgm)と「2.5 V6 24V」(192ps、22.2kgm)の2種類がある。前者の2リッター直4エンジンはアルファの伝統であった「ツインスパーク」(ツインプラグの意) ではなく、従来型の途中から新採用された直噴エンジン「JTS(ジェット・スラスト・ストイキオメトリック)」だ。後者には2.5リッターV6が前期型か ら継承された。

変速機は「2.0 JTS」に5MT(左ハンドル)および5速セミAT「セレスピード」(右ハンドル)を設定。「2.5 V6 24V」には6MT(右ハンドル)と4AT「Qシステム」(右ハンドル)が設定された。

今回のサンプルカーは2004年1月から156後期型のラインナップに加わり、モデル末期の2005年まで販売された「TI」シリーズ、その「2.0 JTS」(2004年式)だ

内外装をスポーティに仕立てた「TI」

今回とりあげる「TI」シリーズは、フェイスリフト後の2004年から設定されたもの。17インチタイヤ、専用サスペンション、スポーツレザーシー トを装備して、スポーティに仕立てたシリーズだ。言わばBMWの「Mスポーツ」、アウディで言えば「Sライン」に相当するものと言っていいだろう。なお、 156と同時にハッチバックの147シリーズにも「TI」が設定されたほか、後に156スポーツワゴンにもTIが設定されている(ただし2ペダル車の み)。

なお、156(および147)にはフラッグシップモデルとして、高性能3.2リッターV6エンジンの「GTA」シリーズ(250ps、 30.6kgm、左ハンドル・6MT/右ハンドル・6速セミAT)もあったが、GTA専用のワイドボディは最後までフェイスリフト前のモデルをベースとし ていた。

「TI」の外観上の特徴は、専用デザインのアルミホイールと215/45R17タイヤ、ローダウンサスペンション、サイドスカート、そしてリアの「TI」のバッジなど

111_graph

Outside

ボディサイズ&デザイン

159を予告するデザイン

フェイスリフト前の156と159の間で、橋渡し役となったのがフェイスリフト後の156だ。フェイスリフト前、つまり156のオリジナルデザイン は当時アルファロメオのデザイン部門に在籍したワルター・デ・シルバ(147等も担当。後にフォルクスワーゲングループへ移籍)によるもの。これをすでに 新型159を手がけることになっていた社外のジウジアーロがリデザインしている。言ってみれば159のスタイリングを「予告」したわけだ。

ボディサイズは全長4435mm×全幅1765mm×全高1430mmで、前期型とほとんど同じ。一方、 159(4690mm×1830mm×1430mm)よりはずっとコンパクトなので、狭い道やパーキングスペースでの取り回しという点では156に分があ るし、デザインも引き締まって見える。

156のフェイスリフトは、カーデザイン界の巨匠ジウジアーロが担当した

159との3ショット。左の赤と白が159だ。鋭さのましたヘッドライト、ボディサイズのボリューム感(特に横幅)の違いで、何となく見分けが付く

横6連のフロントコンビネーションランプは159似だが、156にはアクリルカバーが付く。159はカバーなしだ

こちらは159とのリアビュー比較。トランクリッドの短い156は引き締まって端正に見える

Inside

インテリア&ユーティリティ

アルファと言えば定番だった左ハンドル・5MT

右ハンドルに左ハンドル、ミッションも5MT、6MT、セミAT、トルコンATなどなど、仕様が入り乱れる156シリーズ。しかし「TI」の場合は 2リッター・5MTを選ぶと、自動的に左ハンドルとなる。「アルファと言えば左ハンドル・5MT」だった時代を知る人なら、最もアルファらしい仕様と思う はずだ。

インテリアにおける「TI」の特徴は、レザースポーツシート(背もたれ角度のみ電動で調整可)、レザーステアリングホイール、「TI」ロゴの入った サイドシルプレート&フロアマットなど。中でもTI専用のシートは、いかにもイタ車らしく革の質感や仕上げに「色気」があるものだ。

左から速度計、回転計、そしてセンターに燃料計、時計、水温計が並ぶ、いかにもアルファらしいインパネ

速度計は260km/hまで刻まれ、回転計のレッドゾーンは真上に位置する

「TI」最大の魅力とも言ってよい本革スポーツシート。ホールド性に優れ、調整ポイントも多い

リクライニングのみ電動調整可。フロアマットも「TI」専用品だ

5速MTはFF車としてはストロークもまずまず短く、操作感も優れている

いかにもヒール&トウしやすそうなABCペダル。これも左ハンドルならでは

前期型のキーヘッドは真っ赤だったが、後期型は黒いタイプ

リアシートの居住性も悪くない。大型ヘッドレストやカーテンエアバッグの装備など安全性も高い

荷室容量は前期型と同じ378リッター。スキー板などを車内に積めるようにアームレスト部分のみトランクスルーする

スペアタイヤの代わりにパンク修理キット(充填剤とポンプ)を搭載

Impression

試乗インプレッション

「アルファらしさ」でもツインスパークに遜色ないJTS

サンプルカーは2004年式のTI 2.0 JTS(5MT)。先に触れた通り、その2リッター直4エンジンはガソリンを直接シリンダー内に噴射する、いわゆる直噴ユニットで、フェイスリフト前の 156に2002年から採用されているものだ。なお、後継の159が搭載する2.2リッター JTSは、これとはまったく設計が異なる。

JTSが登場した当時は「ツインスパーク」の名が156から無くなったことをさびしく思ったもの。しかし実際のところ、156の2リッターJTSは 十分にアルファらしいサウンドを聴かせてくれる。昔のツインスパークのような、アコースティックなものではないが、ここ最近のクルマでこんなにスポーツエ ンジンらしいエンジンは、このクラスではそうそうない。また159などの2.2リッターJTSでも味わえない。サンプルカーには、モーターサイクル用でも 有名なOVER製のマフラーが付いており、適度に抜けのいいサウンドが楽しめた。

左ハンドルのマニュアルは、少なくとも最近の新型車ではめっきり減ってきたものだが、マニュアル車が運転できる人ならまず案ずることはない。156 の場合はペダル配置が良いためヒール&トウもしやすい。それゆえ、「やっぱりアルファは5MT、それに左ハンドルがいい」という意見は、確かに一理ある。

「TI」標準装備のスポーツサスペンションや17インチタイヤ、専用ブレーキパッドもスポーティな走りに貢献している。「走り」を期待する向きは、これくらいのセッティングである方が、後々社外品に交換するといった面倒がないだろう。ボディや操作系の剛性感もBMWやアウディのスポーティグレードのように、とは言わないが、十分にある。

なお、サンプルカーは4年落ちだったが、走行距離1万3000kmほど。内外装のコンディションも非常に良く、運転した印象も新車時に近かった。156には低年式で走行距離の多い車両も多いが、現時点でUカーで購入を考えるならモデル末期に登場したTIの2.0 JTS、5MTは、有力候補の一つだ。

TI 2.0 JTSの5MTは、現時点で156を手に入れるならベストチョイスの1台だ

ノーマルと言っても通じそうな音量だが、気持ちいいサウンドが楽しめるOVER製マフラー

Spec

試乗車スペック

年式・車名 Alfa Romeo Alfa 156 TI 2.0 JTS(2004年モデル)
形式 GH-932AXA
寸法 全長4435mm×全幅1765mm×全高1430mm
ホイールベース 2595mm
車重 1300kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHC・4バルブ
最高出力 166ps(122kW) /6400rpm
最大トルク 21.0kgm (206Nm)/ 3250rpm
トランスミッション 5MT
使用燃料/容量 プレミアムガソリン / 63L
10・15モード燃費 -km/L
JC08モード燃費 -km/L
タイヤ 215/45ZR17
最小回転半径 -m
販売時期 2004年4月
当時の新車価格 410万5500円(消費税込み)

今回試乗した車

初年度登録 2004年
試乗日 2009年1月
走行距離 1万2700km
ボディカラー キャラミブラック
備考 キセノンヘッドライト、レザースポーツシート、Boseサウンドシステム、(以上、TIに標準装備)、社外マフラー
AIS評価点 -点
販売価格 229万円(消費税込み)

Purchase Guide

購入ガイド

完成度の高いフェイスリフト後モデル。新車のGTや147も参考に

156と一口に言っても、選択肢は幅広い。販売期間は1998年から2005年まで。ボディタイプはセダンとワゴン。デザインはフェイスリフトの前 と後。エンジンはツインスパーク、JTS、V6と3種類。変速機は5MT、6MT、5速セミAT、4AT。そしてハンドル位置は右と左・・・・・・などな ど、主な仕様だけでもこれだけある。ここではフェイスリフト後を中心にして話をしたい。

まず初期の156でトラブルが多かったセレスピードだが、フェイスリフト後のモデルではすっかり改良されており、以前のようなトラブルはまずないと 思っていい。その前にセレスピード未経験の方におすすめしたいのが、正規ディーラーなどで試乗し、その運転感覚を経験しておくこと。現行車種(2009年 1月現在)で運転感覚が156に近いのはアルファGT、次に147だ。

156の2リッターJTSエンジンは定期的なタイミングベルトの点検・交換が必要

エンジンに関しては2.0リッターJTSでもチェーン駆動とはなっていないので、タイミングベルトの定期的な点検・調整と5~7万km程度での交換 を行いたい。2.5リッターのV6も同様だ。いずれにしても、内外装コンディションが良好であることに加えて、年式が若く走行距離の少ないもの、あるいは メンテナンスをしっかり受けてきた車両を選びたい。

電気系のマイナートラブルは156では無いとは言い切れないもので、単純な接触不良(パワーウインドウ作動不良など)や警告灯の誤作動など原因も症 状も様々だが、そう頻繁に起こるものではない。特にフェイスリフト後の156ではかなり少ないはずだ。これらは保証で対応してもらうとして、ユーザーとし てはおおらかな気持ちも忘れないでいたいところ。

オートプラネット名古屋では多数アルファを在庫しているが、フェイスリフト前の156は少なくなってきた。写真左は147

ハードの完成度で言えばフェイスリフト後。装備と足の良さで「TI」がおすすめ

156の購入を考える場合、最初に考えるのはフェイスリフトの前か後か、だろう。要するにデ・シルバの156か、ジウジアーロの156か、というこ とだ。ここは多分に好みの問題で、言うまでもなく156のオリジナルデザインは素晴らしい。一方でメカ的な完成度という点では、やはりフェイスリフト後 だ。例えば設計年次や経年変化という要素を含めて、全体(ボディから足まわり、駆動系、内装の作りまで)のしっかり感となると、できる限り高年式がいいと 思えてしまう。フェイスリフト前の156を選ぶなら、そこを最初から大目に見るか、手をかけて仕上げてゆく心づもりが必要だろう。なお、エンジンに関して は、ツインスパーク(前期型途中まで)の方がより「アルファ」しているが、総合的に見てここではJTSと互角としたい。

標準モデルか「TI」かは、アルファを選ぶユーザーなら必ずや気に入るはずの足まわりを最初から備える点で「TI」がおすすめ。特にサンプルカーの ような5MT・左ハンドル車は、ハンドリング、直進安定性、ブレーキ性能、そして乗り心地などのバランスがちょうどいいところにある。社外のスポーツサス ペンションに交換した経験があるような人なら、とりあえず「TI」を選んでおいて損はない。専用レザーシートやキセノンヘッドライトなど装備内容もいい。

ミラノ市の紋章をアレンジしたアルファロメオの紋章。日に灼けやすいのはご愛敬

最後にエンジンと変速機だが、確かに往年の名機であるアルファ製V6の快音も魅力的だし、セレスピードもいい。しかし今回乗った「TI 2.0 JTS」の左ハンドル・5MT仕様は自信をもっておすすめできる。パワーは十分、サウンドも上々、ハンドリングもいいし、乗り心地もいい。156系は「ア ルファ GT」を含めて過去10年、それなりに数多く乗る機会があったが、今回の仕様がもっともトータルバランスがいいと感じられた。

ボディ後部には「TI」の専用バッジが光る

Alfa Romeo Alfa 156 TIの中古車を検索!

PAGETOP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

オートプラネット
愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 tel 0561-37-5333(代表)
平日10:00 ~ 19:00 土日祝10:00 ~ 19:30 サービス受付10:00 ~ 18:30 ■水曜定休
オートプラネットでは輸入中古車(外車)を中心にお取り扱いしております。
  • facebook
  • twitter
  • アクセス
  • フロアマップ
WHITEHOUSE GROUP
株式会社ホワイトハウス
プライバシーポリシー

2013 © WHITEHOUSE Co.,ltd. All rights reserved.