Audi Audi TT 3.2 quattroをお探しならオートプラネット。

WHITEHOUSE GROUP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 中古車検索
  • 5つの安心
  • APのおもてなし
  • カーライフサポート
  • アフターメンテナンス
  • 輸入車買取

Uカー試乗記 WHITEHOUSE USED CAR DRIVE IMPRESSION

気になるあの中古車を徹底レビュー!

IMPRESSION / 月3回更新 1.11.20日

2010/04/27UPDATE

第157回

初代TT 6速DSGを再検証!

Audi TT 3.2 quattro S-line (2004)

157_main_p

Histroy

Audi TT 3.2 quattro  S-line  とは?

6速DSGの先駆者

初代アウディ「TT(ティーティー)」は1998年にデビューした小型スポーツモデル。ベースは当時の4代目VWゴルフや初代アウディA3だが、そのスタイリングは極めて斬新で、同クラスのスポーツカーとしては異例の大ヒット車となった。

日本では1999年に1.8リッター直4ターボ(225ps、28.6kgm)の「1.8T クワトロ」(左ハンドル・6MT)から発売。2001年には180ps、24.0kgmにデチューンしたFF(5MT)を導入し、2002年からは右ハン ドル・6ATを追加。日本でのこのAT仕様が大ヒットの立役者となった。

今回試乗したのは、2003年9月に発売された「3.2 クワトロ Sライン」。3.2リッターV6(250ps、32.6kgm)に、市販車初(日本市場の場合)の6速「DSG」を組み合わせたモデルだ。

今回試乗した2004年式の3.2 クワトロ Sライン

DSG(VW)=Sトロニック(アウディ)=DCT

DSG(ダイレクト・シフト・ギアボックス)とは、2つのクラッチ機構を交互に断続させることによって、ギア式でありながらスムーズな変速を行う画 期的な変速機。同時にマニュアル・トランスミッション並みの高い伝達効率(=燃費の良さ)も実現している。なお、後にアウディは、VW車のDSGと分ける 意味で、「Sトロニック」と独自の商標で呼ぶようになる。

DSGの肝であるツインクラッチの基本パテントは、ボルグ・ワーナー社が保有しており、同様の変速機はVWグループの他、ゲトラク社(フォード、ボ ルボ、三菱、BMWなどに供給)、ZF社(ポルシェに供給)、そして日産系の愛知機械(GT-R用)も生産しており、各ブランドで独自の名称を持つ。以下 では、一般名称として「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」と表記する。

2003年に発売された「3.2 クワトロ Sライン」。専用色「パパイヤイエロー」がイメージカラーだった(写真:アウディ ジャパン)

157_graph

Outside

ボディサイズ&デザイン

今もなお斬新でカッコいい

デビューから10年以上経つ初代TTだが、そのスタイリングは相変わらず斬新で、カッコいい。2代目は確かに正統派のスポーツカールックになったが、個性的という点では宇宙船のような初代がそれを上回る。

ボディサイズは全長4060mm×全幅1765mm×全高1340mmとコンパクト。その数字はホンダの新型ハイブリッドカー「CR-Z」(4080mm×1740mm、全高1395mm)にけっこう近い。

3.2 クワトロにはSライン仕様のフロントバンパーとリアウイングが付く

3.2クワトロは全車「Sライン」仕様

3.2 クワトロは全車、1.8Tにも設定のあった「Sライン(S-line)」仕様となり、フロントには魚のエラのようなスリット付きのアンダースポイラーが装 着される。またリアにはボディ同色の標準スポイラーに代えて、1970~80年代のポルシェ911 カレラ風「ウイング」が装着される。2代目TTのリアウイングは電動格納式で普段はボディの下に隠れているが、初代のものはすべて固定式だ。

黒の縁取りが付いたリアウイングも「Sライン」専用

キセノンランプは、他グレード(Sライン仕様を除く)ではオプションだが、3.2クワトロは標準

3.2クワトロは225/40R18タイヤ&7スポークホイールが標準

FFかクワトロかは、マフラーで見分けられる。1本出しならFF、2本出しならクワトロだ

Inside

インテリア&ユーティリティ

黒い樹脂とアルミ製パーツの世界

天地の狭い窓、黒の樹脂とレザー、アルミ製パーツの鈍い輝き。それらに囲まれた心地いい守られ感は、初代TTならではの世界。見る度に、これぞ「クルマ好きのプロの仕事だ」と思わせられる、素晴らしいインテリアだ。

ちなみにこれが2代目TTになると、見違えるように洗練された一方、この初代が持つコンセプトカーのような手作り感は薄まってしまう。もちろん進歩した部分も多いが、初代の方がよりマニアックで、デザイン重視だったと言える。

装甲車の中に潜り込んだような、独特の囲まれ感が魅力

シートは他グレードと同じレザー/アルカンタラが標準で、フルレザーはオプションだった

3.2クワトロにはVWアウディの現行DCT車と同じように「パドルシフト」が付く

往年のVDO製メーター風レタリングはTT専用。平均燃費計も完備している

大人では頭が当たって座れない後席だが、身長130~150cmならOKで、チャイルドシート(ISOFIX対応)の装着も可

6ATでも6速DSGでもシフトレバーはほぼ共通(若干違うが)。奧の小物入れにはトランクおよび給油リッドのオープナーがある

空調吹き出し口のリングは本アルミ製。回すと開口面積が調整できる

荷室容量は220リッターだが、背もたれを倒せば490リッター。ゴルフバッグを2個積んでも、余裕が残る

リアゲートの開口部は広いが、開けるときにはリモコンキーか、車内にあるオープナーのボタンを押す必要がある

TTは基本的にスペアタイヤを搭載するが、3.2クワトロはパンク修理キット。バッテリーもここに搭載

Impression

試乗インプレッション

7年前のDCTは、まったく問題なかった

試乗したのは初年度登録が2004年6月、つまり約6年落ちの3.2 クワトロ。走行距離は、まだ2万4600kmだ。新車当時は562万円もしたモデルだが、当車両の販売価格はその3分の1の189万円。ついに6速DSG の3.2クワトロもここまで来たか、と「初代TT好き」としては、なかなか感慨深い。

そんな話はさておき、さっそく試乗。すでに開発時から7年も経つ初期DSGのこと、多少はギクシャクしたり、あるいはシフトショックやジャダー(ク ラッチ等に起因する振動)が出たりする可能性はあるなあ、と内心覚悟していたのだが、試乗車の場合、結論から言うとそれはまったくなかった。トルコンAT でもMTでも、これだけ年数が経っていると多少のヤレ感が出てくるものだが、DCTの耐久性は同等以上と言ってよさそうだ。

最高速は1.8Tの6ATが210km/h、5MTが225km/hなのに対して、3.2 クワトロは250km/h(リミッター作動)

V6エンジンとクワトロによるメカっぽい走り

一方、当時のゴルフR32などと基本は同じ3.2リッター狭角V6は、非常にトルクフルで扱いやすいが、回転上昇および回転落ちは割と穏やか。同じ エンジンを継承する2代目TTの3.2 クワトロ(ボディ前半のアルミ化によって車重は70kgほど軽い)では、もっとシャープだった記憶があるのだが。また最新の直噴ターボ+DCTに比べて も、「最先端パワートレイン」感はやや薄めだ。

とはいえ、250psのパワー、フルタイム4WDのクワトロ、そして6速DSGと、メカメカしいスペックは十分に実感できるし、トラクション能力も 完璧。ダッシュする時など、後輪駆動のように一瞬リアタイヤがギュッと踏ん張る感じがあって嬉しい。ポルシェ・ボクスターやBMW・Z4みたいに、バラン スの良さで走る、というより、「メカニズムの力で走る」感が強く、そこがアウディらしいと言えば、らしい。

また、スポーツカーとしては乗り心地も十分に快適で、助手席から文句が出ることは一切ないと思う。また最小回転半径は3代目プリウス並みの5.2メートルと、小回りもよく効く。

この3.2リッターV6は2代目TTにも引き続き搭載されている

Spec

試乗車スペック

年式・車名 Audi TT 3.2 quattro S-line (2004年式)
形式 GH-8NBHEF
寸法 全長4060mm×全幅1765mm×全高1340mm
ホイールベース 2430mm
車重 1550kg
駆動方式 電子制御フルタイム4WD
エンジン 3188cc V型6気筒DOHC・4バルブ
最高出力 250ps(184kW)/6300rpm
最大トルク 32.6kgm (320Nm)/2800-3200rpm
トランスミッション 6速DCT
使用燃料/容量 プレミアムガソリン / 62L
10・15モード燃費 9.4km/L
JC08モード燃費 -km/L
タイヤ 225/40R18
最小回転半径 5.2m
販売時期 2003年9月
当時の新車価格 561万7500円(2004年4月モデル、消費税込み)

今回試乗した車

初年度登録 2004年6月
試乗日 2010年4月
走行距離 2万4600km
ボディカラー シルバーレイク メタリック
備考 社外HDDナビ・TV、ETC付
AIS評価点
販売価格 189万円

Purchase Guide

購入ガイド

メカニズムというより、デザインが魅力

Uカー試乗記で初代TTをとりあげるのは、すでに3回目。今回はその3.2クワトロ、6速DCTに乗ったわけだが、思ったのはやはり今までと同じ で、つまりオシャレな街乗りクーペとしてなら初代TT、スポーツカーらしさや高性能感なら2代目TT、ということだ。どちらかがイイという話ではなく、こ の2世代のモデルを乗り比べれば、多くの人がそう感じると思う。その後にどちらを選ぶかは、デザインを含めた完全に好みの問題だ。

こう言うと身も蓋もないが、すでに2代目TT(日本仕様は全車6速DCT)がUカーでも手に入る現在、「初代TT 3.2 クワトロ」の魅力とは、そのメカニズムではなく、「初代TTであること」、つまりデザインに尽きる、と思う。「ならば、FFの1.8Tでもいいのか」と問 われれば、まさにそうだ、と初代TT好きとしては言いたい。

手前は今回の試乗車で、奧が2003年式の1.8T(FF・5MT)。現状販売だが、こちらはなんと129万円!

予算200万円未満の初代TTは、もちろん買い!

というわけで、その意味では今回試乗した3.2クワトロもいいけど、その横に展示されていた129万円の2003 TT ク年式ーペ 1.8T(FF・5MT)もいいよね、と思ってしまった。走行5万4500kmの現状販売(つまり保証なし)だが、ワンオーナーのきれいなクルマで、正直 これも絶対アリだなあ、と。

とは言うものの、それにわずか60万円足せば、今回の3.2 クワトロも買えてしまう。馬力は180psから1.4倍の250psへ、トルクは24.0kgmから1.3倍の32.6kgmへ、変速機は5MTから6速DCTとなり、ヘッドライトはキセノンになり、1年保証もつく。でもってリアサスはダブルウイッシュボーンへ、リアディスクブレーキもベンチレーテッドへ格上げ・・・・・・と考えてゆくと、3.2 クワトロのお買い得感がどんどん増してゆく。ついでに言えば燃費だって、3.2クワトロはDCTの威力で10・15モード:9.4km/Lと、3リッタークラスの4WD車としては優秀だ。やっぱ、3.2 クワトロかも。

いずれにしても確かなことは、今や全天候型スポーツカーの傑作、初代TT クーペのグッドコンディション車が200万円未満で買えるということ。初代TTが好きな人、あるいはスポーティな3ドアハッチバックが好きな人には、ぜひぜひ衝動買いして欲しい。このジャンルのUカーでは、今現在ベストバリューの一台なのは間違いない。

Audi TT 3.2 quattroの中古車を検索!

PAGETOP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

オートプラネット
愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 tel 0561-37-5333(代表)
平日10:00 ~ 19:00 土日祝10:00 ~ 19:30 サービス受付10:00 ~ 18:30 ■水曜定休
オートプラネットでは輸入中古車(外車)を中心にお取り扱いしております。
  • facebook
  • twitter
  • アクセス
  • フロアマップ
WHITEHOUSE GROUP
株式会社ホワイトハウス
プライバシーポリシー

2013 © WHITEHOUSE Co.,ltd. All rights reserved.