Audi Audi A3 Sportbackをお探しならオートプラネット。

WHITEHOUSE GROUP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 中古車検索
  • 5つの安心
  • APのおもてなし
  • カーライフサポート
  • アフターメンテナンス
  • 輸入車買取

Uカー試乗記 WHITEHOUSE USED CAR DRIVE IMPRESSION

気になるあの中古車を徹底レビュー!

IMPRESSION / 月3回更新 1.11.20日

2010/12/21UPDATE

第180回

TFSI+7速DCTを搭載!“エコ”プレミアムコンパクト!

Audi A3 Sportback 1.4 TFSI (2009)

180_main_p

Histroy

Audi A3 Sportback  1.4 TFSI  とは?

アウディで最もエコなモデル

2003年に2代目となったアウディの最小モデル「A3」(※1)。今回試乗したのは2008年9月に追加されたエントリーグレード「スポーツバック 1.4 TFSI」だ。

この「1.4 TFSI」は、前回のUカー試乗記でとりあげた5代目VWゴルフの「TSIトレンドライン」とほぼ共通の1.4リッター直噴ターボと7速DCT(※2)を 搭載したモデル。10・15モード:15.8km/L(2010年3月には16.6km/Lに向上)という低燃費を実現し、価格もアウディとしては手頃な 299万円(後に305万円)とするなど、当時アウディ車で最も“エコ”で、購入しやすいモデルだった。

試乗したのは2008年秋に発売された低燃費モデル「1.4 TFSI」。ボディカラーは珍しい「ダカール ベージュ」

なお、プラットフォームを共有するVWゴルフは2009年にモデルチェンジを済ませたが、2代目A3は発売から7年経った2010年12月現在も、 「1.4 TFSI」「1.8 TFSI」「2.0 TFSI クワトロ」の3グレードで販売中。次期A3の登場は、今のところ2012年と噂されている。

3ドアで登場した2代目A3だが、途中から徐々に5ドアの「スポーツバック」に切り替わった

180_graph

Outside

ボディサイズ&デザイン

キセノンヘッドライト&LEDなど新デザインを採用

2代目A3は2003年の発売以後、何度かマイナーチェンジしており、「1.4 TFSI」が追加された2008年9月にもフェイスリフトを実施している。具体的には、ヘッドライトのレンズ内を新型A4(B8型)風に枠で仕切ったほ か、オプションのバイキセノン仕様にLEDのポジションランプを装備。またフロントバンパーも新型A4風にエラの張ったスポイラー形状となり、リアコンビ ランプもアウディ車で共通の光ファイバータイプとなった。これらによって、もともと高かったクオリティ感はさらに向上している。

ボディサイズはVWゴルフと大差なく、全長4290mm×全幅1765mm×全高1430mm(HDDナビ装着車は1465mm)

バイキセノン&LEDは当時オプション(10万円)。LEDはポジションランプとして機能する

「1.4 TFSI」は16インチアルミと205/55R16タイヤを標準装備。「TSI トレンドライン」より一回り大きく、グリップ性能も高い

リアコンビランプは上級モデルと同じ光ファイバータイプ。夜でも一目でアウディと分かる

Inside

インテリア&ユーティリティ

スッピンでもぜんぜんOK

デビュー以来、内装デザインに大きな変更はないが、もともと質感は高い。アウディのエントリーモデルで、しかもベーシックグレードだが、樹脂パーツ、ス イッチ、レタリングなどに、一目でアウディと分かる精密感が漂う。またレザーステアリングの手触りも気持ちいい。レザーシートやウッドパネルといった化 粧っ気のない試乗車ですら、「いいもの」感があり、つまりはスッピンでもぜんぜんOKなのだ。ゴルフのTSI トレンドラインに比べて新車価格は51万円高かったが、それも納得できる作りだ。

試乗車のインテリアはオプションなしの素の状態。電動革シートやウッドパネルも選択できた

Sトロニックは7速マニュアルモード付。1.4 TFSIにパドルシフトはない

マニュアルモードでは7速まで刻んだギアポジションインジケーターが現れる

標準の手動ファブリックシート。リクライニング調整はゴルフと同じダイアル式

床下にはテンパースペアを収納する

荷室容量はゴルフより20リッター多い370リッター。拡大は背もたれを前に倒すだけ

後席はゴルフより若干狭いが、大人でも十分快適。この年式から8エアバッグが標準になった

Impression

試乗インプレッション

パワートレインは「TSI トレンドライン」とほぼ同じ

試乗したのは初年度登録から2年弱、走行距離1万8300kmの「1.4 TFSI」。受注オプションカラー「ダカールベージュ」が目を引く一台だ。新車価格はオプション分を足すと310万円超だったはずだが、当Uカーの販売価 格は238万円。コンディションは文句なしで、新車保証も1年残っている。最初は「ちょっと高いな」と思ったが、新車で買うことを思えば、かなりのお買い 得車ではないだろうか。

何度も触れたように「1.4 TFSI」のパワートレインは、5代目ゴルフの「TSI トレンドライン」とほぼ共通だ。最高出力こそA3の方が3ps多い125ps/5000rpmだが、最大トルクは同じ20.4kgm /1500-4000rpmで、変速機も同じ乾式クラッチの7速DCTとなる。

高速域のパワー感は125ps相応。真骨頂はむしろ街乗りで体感できる

走りの上質感はゴルフを上回る

「1.4 TFSI」に乗るのは2年ぶりだったが、その印象は当時とまったく同じ。走りは素晴らしいの一言で、それ以上何も言っても野暮かも、と思うほど、ハードウ エアの完成度は高い。トルコンATのような滑らかな発進、即座に立ち上がるトルク感、アクセル操作に対するダイレクトな反応、切れ目のない変 速・・・・・・。このあたりはゴルフのTSI トレンドラインと同じだが、ではまったく同じかというとそうでもなく、「1.4 TFSI」の方が操縦性や乗り心地は、よりまろやか。静粛性も明らかにA3の方が上、標準タイヤのグリップ感も上だ。

つまりTSI トレンドラインにちょっとずつ欠けていたものが(省かれていたと言うべきか)、1.4 TFSIにはある。「プレミアムだなんて、広告代理店みたいなしゃらくせいこと言いやがって」と思う方でも、乗り比べれば、この差にはちょっと驚いてしま うだろう。もちろんゴルフはゴルフでぜんぜん良いのだが、これだけのものがTSI トレンドラインのプラス数十万円で買えるとなると、心がググッと傾いてしまう・・・・・・というのが、まあ一般的な感想ではなかろうか。

1.4リッター直噴ターボの「1.4 TFSI」エンジン

Spec

試乗車スペック

年式・車名 2009 Audi A3 Sportback 1.4 TFSI
形式 ABA-8PCAX
寸法 全長4290mm×全幅1765mm×全高1430mm
ホイールベース 2575mm
車重 1380kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
エンジン 1389cc 直列4気筒DOHC・4バルブ・直噴ターボ
最高出力 125ps(92kW)/5000rpm
最大トルク 20.4kgm (200Nm)/1500-4000rpm
トランスミッション
使用燃料/容量 プレミアムガソリン / 55L
10・15モード燃費 15.8km/L
JC08モード燃費 -km/L
タイヤ 205/55R16
最小回転半径 5.1m
販売時期 2008年9月(1.4 TFSI)
当時の新車価格 299万円(消費税含む)

今回試乗した車

初年度登録 2009年2月
試乗日 2010年12月
走行距離 1万8300km
ボディカラー ダカールベージュ
備考 バイキセノンヘッドライト&LEDポジションライト(純正オプション)、新車保証残りあり
AIS評価点 5点
販売価格 238万円(消費税込み)

Purchase Guide

購入ガイド

「FSI+6ATか、TFSI+DCTか」は用途や好み次第

今回の2代目アウディ(2003年~)と5代目VWゴルフ(2004年~2009年)は、プラットフォームやパワートレインを共有する間柄。よって Uカーで購入する際もゴルフと同じパターンで、まずは自然吸気エンジン(FSI)+6AT車か、直噴ターボエンジン(TFSI)+DCT車かの二者択一で 始まる。

で、どっちがいいかだが、率直に言えば、パッと乗って「これはスゴイ」と誰もが感心してしまうのは、やはりTFSI+DCT車だろう。

ただし、Uカー相場的には当然FSI+6AT車の方が安いし、タマ数も豊富。また6AT車には「ナルッ」とした運転感覚や坂道発進でのイージーさな ど、トルコンならではの良さもある。なので、もっぱら近距離しか乗らない、燃費は気にしないという場合は、コンディションのいい6AT車も全然アリ。特に 運転に自信のない女性の場合、そちらの方が取っつきやすいという可能性は大いにある。

オートプラネット名古屋に並ぶA3。人気車だけに在庫は豊富で、取材時には7台もあった

必要十分な「1.4 TFSI」。非の打ち所がない「1.8 TFSI」と「2.0 TFSI」

もちろん、TFSI+DCT車はやはり魅力的で、ゴルフにしろ、A3にしろ、「買うなら絶対DCT」と決めている方も多いはずだ。特にA3の TFSI+DCT車は、見ても乗っても高級感があり、「これがプレミアムコンパクトか!」と深く納得できるクルマになっている。その意味ではゴルフとの差 も明確で、実車を前にして迷う人はいないだろう。VWに親近感を持つ人はゴルフを、アウディがいいと思う人はA3を選べばいい。

最後に、A3のTFSI+DCT車でどれがいいかだが、本文にある通り「1.4 TFSI」でも走りは十分で、燃費に至ってはこのクラスの輸入車で1、2を争うほどいい。ただし裏を返せば、動力性能に関しては必要十分の域を出ないのも 確か。最高出力125psと言えば、1.5リッタークラス並みで、実際のところ高速域での伸びは数値相応と言える。また7速DCTも燃費重視のせいか変速 スピードが少々マッタリ気味だし、パドルシフトがないのも物足りない点ではある(なくても困らないが)。

その点で完璧なのは、やはり「1.8 TFSI」(160ps、25.5kgm)か、「2.0 TFSI」(200ps、28.6kgm)だ。特に後者は2代目アウディTTと同じパワートレインで、アウディの代名詞であるクワトロ(フルタイム 4WD)も選べる。コンパクトクラスとしては、まさに非の打ち所がないモデルと言っていいだろう。

2009年モデルで純正オプションだったHDDナビ(新車当時29万円)は使い勝手が良く、TVもフルセグ対応の優れもの。有無にこだわる必要はないが、あれば重宝するはず

Audi A3 Sportbackの中古車を検索!

PAGETOP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

オートプラネット
愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 tel 0561-37-5333(代表)
平日10:00 ~ 19:00 土日祝10:00 ~ 19:30 サービス受付10:00 ~ 18:30 ■水曜定休
オートプラネットでは輸入中古車(外車)を中心にお取り扱いしております。
  • facebook
  • twitter
  • アクセス
  • フロアマップ
WHITEHOUSE GROUP
株式会社ホワイトハウス
プライバシーポリシー

2013 © WHITEHOUSE Co.,ltd. All rights reserved.