BMW BMW X3 xDriveをお探しならオートプラネット。

WHITEHOUSE GROUP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 中古車検索
  • 5つの安心
  • APのおもてなし
  • カーライフサポート
  • アフターメンテナンス
  • 輸入車買取

Uカー試乗記 WHITEHOUSE USED CAR DRIVE IMPRESSION

気になるあの中古車を徹底レビュー!

IMPRESSION / 月3回更新 1.11.20日

2013/05/11UPDATE

第266回

今どきのファーストBMW!

BMW X3 xDrive 25i M-Sport (2009)

266_main_p

Histroy

BMW X3 xDrive  25i M-Sport  とは?

3シリーズベースのミドルクラスSUV

初代X3(E83型)は、当時の3シリーズ(E46型)をベースに開発されたミドルクラスSUV(BMW自身はSAV=スポーツ・アクティビティ・ビークルと呼ぶ)。X5に続く“SAV”として2004年に登場。生産は4WD車や軍用車を得意とする欧州オーストリアのマグナ・シュタイア社(旧シュタイアプフ社)に委託された。

日本では2004年夏に、直列6気筒エンジンを搭載した「2.5i」(192ps、25.0kgm)と「3.0i」(231ps、30.6kgm)の2グレードで販売開始。変速機はいずれも5ATで、価格はそれぞれ513万円と573万円だった。

BMW X3 (2004年モデル)。 前期型はバンパー部分が無塗装だった(photo:BMW ジャパン)

2006年にマイナーチェンジ

2006年秋には、新型3シリーズ(E90型)譲りのバルブトロニックエンジンを搭載した「2.5si」(218ps、25.5kgm)と「3.0si」(272ps、32.1kgm)にマイナーチェンジ。変速機は6ATになり、新しいデザインのボディ同色バンパー等も採用された。なお、2008年11月にはグレード名がそれぞれ「xDrive 25i」「xDrive 30i」に変更されている。

そして2011年3月には、2代目X3(F25型)にフルモデルチェンジ。2代目の生産は従来のオーストリアではなく、X5やX6と同じ米国サウスカロライナ州のスパータンバーグ工場に変更されている。

BMW X3(2008年モデル)(photo:BMW ジャパン)

266_graph

Outside

ボディサイズ&デザイン

コンパクトだった初代X3

初代X3は、主に前後バンパーやパワートレインの違いによって前期型(2004~2006年)と後期型(2006~2011年)に分けられる。今回試乗したのは後期型だが、どうやらM-Sportに関しては、後期でも外観デザインはほとんど変更されなかったようだ。

ボディサイズはX5より一回り以上小さく、意外にコンパクトだが、これはあくまで初代の話。2007年に発売された2代目X5(E70型)はさらに巨大化し、一方で2010年には、よりコンパクトなX1が登場したことで、現在の2代目X3(F25型)は上級にスライドし、初代X5並みの大きさに成長している。

試乗車はM-Sport。エアロパーツやスポーツサスペンション、18インチタイヤ等を装備

バイキセノンヘッドランプはモデルライフ後半になると全車標準

M-Sportは、上級グレードの3.0リッタ-車と同じ235/50R18サマータイヤを履く

ボディサイズは全長4585mm×全幅1855mm×全高1675mm

Inside

インテリア&ユーティリティ

内装もモデルライフを通して大差なし

内装デザインもモデルライフを通して大きな変化はない。アイポイントこそ高いが、デザインや操作系のタッチ、シートの座り心地などは他のBMWとよく似ていて、3シリーズから乗り換えてもすぐに馴染めそう。試乗車はM-Sportのブラック内装で、いかにもBMWらしいクールな雰囲気で統一されている。

後席は天井が高い分、当然ながら3シリーズセダンより広々。空間の広さを重視するなら、やはりX3かと思わせる。荷室容量も3シリーズの約1.5倍ほどある。

M-Sportは標準より若干スポーティな形状の専用ステアリングを装備

MTモードはBMW流に押してダウン、引いてアップ。前期は5AT、後期は6AT

電動昇降式DVDナビは途中からHDD化された。iDriveではなく、スイッチで操作する

ひと目でBMWと分かるメーター。同社の一面である「頑固さ」を象徴する部分

荷室容量は480~1560リッター。バッテリーは床下で、スペアタイヤは吊り下げ式

後席はホールド性こそセダンに譲るが、空間的には余裕たっぷり

M-Sportは電動スポーツシートを装備。座り心地はいつものBMW

Impression

試乗インプレッション

2.5リッターは穏やかさが身上

試乗したのは2009年式のxDrive 25i。初度登録から約4年、走行距離3万0900kmのワンオーナー車で、コンディションは良好。新車時の価格はM-Sport仕様で約600万円だが、この車両の販売価格は304万9000円。

初代X3に乗るのは今回が3度目。最初に気になったのはパワステの重さだが、これはBMWだとよくあること。自然吸気の2.5リッター直列6気筒エンジンは、xDrive 30iの3.0リッターとは明確にキャラクターが異なり、穏やかさが持ち味。パワーを期待すると物足りないかもしれないが、動力性能は十分。むしろ日本の道路ではこれくらいがちょうどいいかも。

アイポイントの高さを除けば、運転感覚はやはり3シリーズに似ている。もちろん車高が高い分、レーンチェンジの際などにはSUV的な遅れが生じるが、一昔前のSUV的なユサユサ感は皆無。フルタイム4WDということもあり、直進安定性も問題なし。

初代X3の乗り心地は、新車だとかなり硬めで、アタリがついてくるとメルセデス風にヒタヒタ感が出てくる、というのが個人的な印象。今回は18インチタイヤ(3~5分山で要交換)を履くM-Sportだったが、硬さはまったく感じなかった。M-Sportでもスポーツサスペンションのない仕様が選べたようなので、試乗車はそれだったのかもしれない。

X3は電子制御フルタイム4WD「xDrive(エックス・ドライブ)」を採用。通常走行時の前後トルク配分はおよそ40:60だが、状況に応じて0:100までリア寄りになる

今やBMWでは絶版エンジンとなってしまった自然吸気の直列6気筒

Spec

試乗車スペック

年式・車名 2009 BMW X3 xDrive 25i M-Sport
形式 ABA-PC25
寸法 全長4585mm×全幅1855mm×全高1675mm
ホイールベース 2795mm
車重 1800kg
駆動方式 フルタイム4WD
エンジン 2496cc 直列6気筒DOHC・4バルブ
最高出力 160kW(218ps) / 6500rpm
最大トルク 250Nm(25.5kgm) / 2750-4250rpm
トランスミッション 6速AT
使用燃料/容量 プレミアムガソリン / 67L
10・15モード燃費 9.2km/L
JC08モード燃費 - km/L
タイヤ 235/50R18
最小回転半径 5.8m
販売時期 初代X3:2004年7月~2011年3月
当時の新車価格 570万円(消費税込み、xDrive 25i)

今回試乗した車

初年度登録 2009年3月
試乗日 2013年4月
走行距離 3万0900km
ボディカラー サファイアブラック
備考 HDDナビ、ETC付、ワンオーナー
AIS評価点 4.5点
販売価格 304万9000円(消費税込み)

Purchase Guide

購入ガイド

2.5と3.0ではパワー感がかなり異なる

今回の試乗であらためて思ったのは、同じ初代X3でも2.5リッターと3.0リッターではパワー感がまったく違うということ。3年ほど前、前期型3.0iに試乗した時には、「SUVだと思って舐めていると面食らうほど速い」「アクセルを丁寧に踏んでもグワッとパワーが出てしまう」などと大げさに?書いているが、今回試乗した25iはそれとは真逆で、パワーの出方が穏やか。このあたりは好みや運転スタイルに合わせて選びたい。

初代X3はタマ数が豊富で、5ATの前期型なら200万円未満の車両も珍しくない。Uカーとしてはまさに旬だが、予算が許せば完成度や質感の高まった2006年以降の6ATモデル(2.5si/3.0si、xDrive 25i/30i)がおすすめ。

オートプラネット名古屋にずらりと並ぶ初代X3。手前の2006年式2.5i(シルバー、走行3万2900km)は188万9000円

今ならX1もあり

X3のライバル車として今や無視できないのが、身内のX1だろう。こちらは4WD(xDrive)だけでなく、FRモデル(sDrive)もある都市型クロスオーバー。ボディサイズはX3より一回りコンパクトで、全高はタワーパーキングでもOKの1545mmに収まっている。そういったキャラクターや使い勝手の良さ、主力の2リッター直4エンジン(直噴ターボ仕様もある)による燃費の良さに魅力を感じるなら、X3と迷ってみるのもいいだろう。X1でも初期のsDrive 18i(自然吸気2リッター・FRモデル)なら200万円台から選べる。

いずれにしても、若い人が「初めてのBMW」として選ぶなら、UカーのX1やX3はあり。特に、今や絶版エンジンとなってしまった自然吸気の直6や、全天候型の電子制御4WDシステムに魅力を感じるなら、ちょっと古めのX3は今、最もお買い得なBMWだろう。

BMW X1(photo:BMW ジャパン)

BMW X3 xDriveの中古車を検索!

PAGETOP

AUTOPLANET PREMIUM IMPORT U CAR MALL

オートプラネット
愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 tel 0561-37-5333(代表)
平日10:00 ~ 19:00 土日祝10:00 ~ 19:30 サービス受付10:00 ~ 18:30 ■水曜定休
オートプラネットでは輸入中古車(外車)を中心にお取り扱いしております。
  • facebook
  • twitter
  • アクセス
  • フロアマップ
WHITEHOUSE GROUP
株式会社ホワイトハウス
プライバシーポリシー

2013 © WHITEHOUSE Co.,ltd. All rights reserved.