--> N-VANキャンパー クルマ旅に新しいカタチ。新発想の“ダブルビッグ大開口”や助手席側ピラーレスやフラットになる助手席を活かしたフラットベッドなど、充実した装備を実現したN-VANキャンパーの紹介です。

n-van

Scroll Down

New features of n-VAN CAMPER

A new form of camper to all people.

キャンピングカービルダーの「ホワイトハウス」と、ホンダの純正用品を開発、生産および販売する「ホンダアクセス」が新車開発と同時進行でアイテムを共同企画した初の商用車N-VANをベースにした新型キャンパー。助手席側のセンターピラーを廃した「ドアインピラー構造」や、助手席シートにもダイブダウン機構を採用してフラットな荷室を実現。 テーマは”オトナの秘密基地”。「お気に入りのモノを隠したり、大切な友だちを招き入れたり、自由気ままに過ごす夢の空間」を実現。エアマットやスライド式収納ボックス&アウトドアテーブルセット、プライバシーテント・サイドオーニング取付用、テールゲートタープなど、いずれもN-VANに合わせて作った専用設計。

“開口部の広い車内やフルフラットになるシートアレンジなどを存分に活かしました。軽自動車だから維持費が安いので、その浮いた分を趣味に活用し、荷物を一杯積んで充実したクルマ旅の日々を約束します”

ホワイトハウス 軽キャンパー開発担当

プライスリスト

※商品価格は税抜表示です。


タイプ/グレード HOT Package POP POP HOT Package
G ハイルーフ 2WD 1,659,000円 1,889,000円 2,439,000円
G ハイルーフ 4WD 1,760,000円 1,990,000円 2,540,000円
FUN/COOL ハイルーフ/ロールーフ 2WD 1,995,000円 2,225,000円 2,775,000円
FUN/COOL ハイルーフ/ロールーフ 4WD 2,116,000円 2,346,000円 2,896,000円
FUN/COOL ハイルーフ/ロールーフ ターボ 2WD 2,095,000円 2,325,000円 2,875,000円
FUN/COOL ハイルーフ/ロールーフ ターボ 4WD 2,216,000円 2,446,000円 2,996,000円

※価格は税抜表示です。


オプション価格

※オプション価格は税抜き表示です。


全窓プライバシーカーテン 70,000円
クイックエアマット(シングル) 45,000円
クイックエアマット(ダブル)※1 68,000円
テールゲートタープ(N-VAN用) 27,000円
スライド&リアゲートネット(2面・右スライド、リア) 46,000円
外部電源チャージャー&AC室内コンセント 128,000円
純正ルーフキャリア 36,000円(工賃含む)
フロント回転シート(運転席)  80,000円
サイドオーニング&専用取付ブラケット ※2 143,000円(工賃含む)
サイドオーニング(2.5m) ポップアップルーフ※ 128,000円(工賃含む)
純正マルチボードセット (ラゲッジ・リア用) 111,000円(工賃含む)
スライド式収納BOX&アウターテーブルセット※1 84,000円
サイクルキャリア 69,000円
エアヒーター用タイマー 35,000円
ソーラーシステム100w 190,000円
バッテリーセンス(スマートフォン専用ボルトメーター) 17,000円
ローダウンキット(POP UP車両は必須) 100,000円

ボディーカラー 63,000円 (ノーマルルーフは30,000円) 

※1 別途、純正マルチボード等が必要になります。
※2 別途、純正ルーフキャリアが必要になります。
※価格は税抜表示です。
※車両はオーディオレス仕様になります。
※価格には登録に伴う諸費用は含まれておりません。
※本仕様ならびに価格は予告無く変更することがあります。

<

軽キャンパーにも「Honda SENSING」を標準装備

事故に遭わないクルマ旅

ホワイトハウスキャンパーはキャンピングカーを楽しむすべての人が安心して「事故に遭わないクルマ旅社会」の実現を目指して、新たな安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載したN-VANキャンパー採用しました。

“ベッドをセットしようとすると
ピラーがじゃまだった”

「本当に軽キャンパーでの車中泊を見て、考えて作ったのか」 N-VANキャンパー開発のきっかけは、これまでの軽キャンパーユーザーさまたちから寄せられたご意見。19年前に登場した「アクティ」の荷物だけという考え方から進化した、「N-VAN」の開発は荷物も人も重要という方向性になり結果、「低床」「フラットフロア」、できるだけ隅まで使えるという「四角い大開口部」を持つ空間ができ上がり、助手席側はピラーレスとなったことから、狭い車内でも楽にベッドメイクがしやすいキャンパーが誕生しました。 また、ホンダ「N-VAN」は、左右非対称な車体レイアウトを補うため、剛性のバランスも取りなおされ、走行面での違和感も感じないので安心してクルマ旅を楽しむことができます。

“今でもハッキリ覚えている、少年の日の夢。 その中の一つに「秘密基地」はありませんでしたか?”

お気に入りのモノを隠したり、大切な友だちを招き入れたり、自由気ままに過ごす夢の空間。 大人になったいまは、カンタンに手に入ります。それが、N-VANでつくる趣味の「秘密基地」。 大きな特長である助手席側の大開口部やフラットな床は、アレンジに最適です。 サイドオーニングを取り付けてドアを全開にすれば、そこは大自然につながるテラス席。 開放的なベースキャンプで、遊んだり、昼寝をしたり、料理を作ったり…。 星降る夜の車中泊も楽しみです。

“じつは、バイクツーリングの大半が渋滞。なのでキャンパーにバイクを積み、現地でツーリング”

“おしゃれな雑貨屋や花屋の前に置きたくなるようなキャンパー”

本来、プロユースとして開発されたN-VANには、ベーシックな「G」と「L」グレード以外に「+STYLE FUN」「+STYLE COOL」と呼ばれる、カラーバリエーションや装備を追加したグレードもラインアップされている。仕事と生活、そして遊びが一体となった、そういう方にここぞという1台として選ばれるキャンパーです。

Camper Van Fun

キャンピングカー王国ドイツのキャンパー文化を日本に紹介したホワイトハウス。以来、様々なキャンピングカーを提案し、我が国のキャンピングカー発展に務めてまいりました。そして2018年秋、キャンピングカーの新たな歴史がN-VANキャンパーから開かれます。 white house

MOVE OF N-VAN CAMPER

クルマ旅に、キャンパーの新しいカタチ。新発想の“ダブルビッグ大開口”や助手席側ピラーレスやフラットになる助手席を活かしたフラットベッドなど、充実した装備を実現したN-VANキャンパーの紹介です。 Read More