• COMPACT
  • HIACE
  • PRECIOUS
  • HYMER

開発レポート:ツアラー600L(ハイエース)

T-590コンセプト 開発レポート 第五話「真髄」

2012年6月18日

全体的のコンセプトフォルムがほぼ固まったら、車両全体にシャープさを入れ、書き
直してみる。面と面との交わる所でエッジの利いた鋭さを生み出す。
ここではあえてサインペンを使う。より固い印象を出す為だ。

アウディを想像して頂けると分かりやすい。ここ数年でアウディのデザインは大きく
変わった。全てにエッジが利いており、洗練さと清潔さが印象に残る。少し前の
曲面を帯びたイメージはあまり無い。
ところが、実際にボディーを舐め回してみてみると、実は曲線だらけだ。
何が変わったのか? これこそがデザインの真髄である。

ボンネットの見切りライン、フロントグリルやヘッドライトのエンド処理、フロント
フェンダーやドアの見切り、テールランプやリヤバンパー、全てにシャープさがあり
清潔感が漂う。不思議な事に嫌味なほどの突起や抉りはどこにも無い。まさに絶妙な
バランスの中にあるのだ。

2-22-007.jpg
ルーフ側面にエッジの利いたキャラクターラインを追加した。サイドパネルの面積が
大きい為に起こる野暮ったさを解消する為だ。

2-22-008.jpg
サインペンの良さは、鋭い印象を生み出す事。ただしデメリットもある。所詮、線描き
したイラストに過ぎず、現実の立体物にするには矛盾があるのだ。つまり、2次元の
世界の表現に過ぎない。
アニメのキャラクターが着ぐるみになり等身大になると、大きな違和感を感じるのと
同じである。幼少のころ、初めて3次元の“スネ夫”を見た時は衝撃的だった。

2-22-009.jpg
徐々に修正を重ね、ボデーデザインの最終段階へ移って行く。

by“kaihatu”