• COMPACT
  • HIACE
  • PRECIOUS
  • HYMER

開発レポート:ツアラー600L(ハイエース)

T-590コンセプト 開発レポート 第七話「格闘」

2012年6月18日

平面デザイン完了!
ここからモニター上で3D(立体)に起こす。3Dに起こす事は、実はかなり手間な
作業。2次元のイラストでは誤魔化す事が出来ても、立体では矛盾が発生するからだ。

昔、教科書にも載っていた“エッシャーのだまし絵”と同じだ。
イラストでは成り立っていても、立体は成り立たない。
我々の場合は、「成り立っていると思っていたものが、成り立っていなかった。」が
真実である。
そう言えば、巷では“トリックアート”と題してまた似たものが流行っていると聞く。

IMG_1574.jpg
3Dは基本全て寸法を入れる、つまり三面図だ。
矛盾があれば、コンピューターがエラーを訴えてくる。

大きな修正は数点しかないが、その修正が難しい。
修正には図面上の数字を「ポン!」と入れ込むだけ。ただ、形が大きく変化する。
ずーと拘ってきたその形が。

格闘、格闘、格闘の末、徐々に姿を現し始めた。
そのボディーラインを公開する。

%EF%BE%80%EF%BE%8C%EF%BD%B9%EF%BE%8C%EF%BE%81%E3%83%BB016.jpg
中にある車両が元々のハイエーススーパーロング。
こういったスケルトンで表現する事で、車両と架装部との接合面をチェックする事が
出来る。ここまでやっているのは我々“kaihatu”だけ。(だと思う。)
接合面の修正は極めて重要! 後に紹介する車両強度に大きく影響するからだ。

%EF%BE%80%EF%BE%8C%EF%BD%B9%EF%BE%8C%EF%BE%81%E3%83%BB017.jpg
既に理屈を超えている。
「カッコイイ!」と我ながら思うのである。

さらにサイドから。
%EF%BE%80%EF%BE%8C%EF%BD%B9%EF%BE%8C%EF%BE%81%E3%83%BB018.jpg
もはやキャンピングビルダーの枠を超えている。
「車両メーカーだ!」と我ながら思うのである。

と、現実と妄想と闘いながら明け方まで数字の打ち込み(修正)が続く…。

by“kaiahtu”