• COMPACT
  • HIACE
  • PRECIOUS
  • HYMER

開発レポート:フリースタイル
(フリード・スパイク)

スパイク開発レポート[4]

2011年2月13日

調子に乗って、さらに更新してみます。

毎度毎度ながら、ここからは企業秘密の部分になります。ご期待頂いているお客様には申し訳ない
のですが、ざくっと飛ばさせて頂きます。同業他社さんにも内緒です。各社、オリジナリティーを出す
ため奮闘し、時には四苦八苦しておりますがホワイトハウスも他ではありません。そんな中でお客様に
お伝え、お約束出来る事としては、このお見せ出来ない部分もこの一連の「スパイク開発レポート」に
ありますように同じように気を遣い開発・製造している事です。

ここでちょっと自己紹介。
わたくし”kaihatu”は、芸術大学(プロダクトデザインコース)を卒業し、デザイン会社を経て現ホワイト
ハウスに入社、車両開発に携わるようになりました。若き”kaihatu”が当時のホワイトハウスに惹かれた
のは、いわゆる「改造屋」ではなかった所です。機能美を尊重し、空間を模索する所。そんな気持ちが
シンクロしたのではないかと、今になって思うのです。わたしども開発陣が送りだす車両は常に洗練
されていたい! と思いを開発にぶつけるのです。
※ちなみに…、ホワイトハウスには芸大卒業生が3人も在籍しています。もちろんわたくし”kaihatu”を
ふくめて。ちょっと多すぎないかと…。

本題の開発レポートに戻ります。
DSCN0679
だいぶ形になってきました。っと言いましても実はこれ、製品ではありません。いわゆるマスターモデル
です。よ~く見て下さい。いろんな素材がまじりあっています。フロント部の白黒のまだら模様は、パテ
処理され板金されています。つまり面だしされているのです。
「ホワイトハウスの車両は面(曲面)がきれいだ!!」 なんてお褒めを頂くのも、ここにやたら時間をかける
からです。本当に時間をかけるので、いつも深夜になってしまうのですが。

サイドビューも「パチリ!」
DSCN0680
これが通称・ベット台。 ベット全寸(全長×全幅)をはじめとしたポップアップの基礎部分になります。
人が寝るベット部分と言うだけでなく、フロントビューも含め車両全体のデザインバランスが決定します。
もちろんこのベット台には、ルーフ補強を含めた様々な仕掛けがしてあります。例のごとく企業秘密で
お見せする事が出来ませんが。

ここまで来たらルーフトップも載せてみましょう! ホイスト(天井から吊るすワイヤー)でバランス良く
ルーフトップをロープで固定し、車輌の上に持ち上げて…。「パチリ!」
DSCN0684
おお、カッコイイ。 我ながらいけてますね。ホイストで吊り上げているだけなので車両とは全く繋がって
いません。正に宙づり状態ですが、イメージは強く伝わってきます。
この姿を見ると、何だか今までの疲れが吹っ飛びます。しかし、ナイスデザインですね。

ちょっと前からも見てみましょう!
DSCN0688
すばらいしい!(と思ってしまいました。手前味噌ながら) 急にテンションが上がってきました。
マスターモデルでこの感触。 正直期待できます。

ここから地道な型の制作に入ります。これが本当に地道で…、結構大変な作業なんです。
まあ、どんな世界にも裏方さんがいる様に、日の当たる所もあれば日の当たりにくい所もあります。
その日の当たらない部分が一番重要だったりするんですが。

開発レポートも第3コーナーを回りました。
次回もお楽しみに!!
by “kaihatu”