• COMPACT
  • HIACE
  • PRECIOUS
  • HYMER

開発レポート:フリースタイル
(フリード・スパイク)

スパイク開発レポート[8]

2011年2月13日

お待たせしました。 久々の開発レポートの更新です。

「ちょうどいい」が新しいSTYLE(かたち)。。

FULL HEATING SYSTEM(フルヒーティングシステム)は、エアヒーターの吹出し口を2か所
以上にする事で、室内空間をむらなく快適に過ごせる装備です。特にポップアップ内に送り込まれる
ルーフヒーティングダクト(オプション)を装備すれば、まさに丸ごと快適空間。

ちょっとアナログな写真ですが、ご覧ください。
DSCN1375
写真の説明は、温風のイメージを重ねてあります。つまり、コンパクトなスパイクのボディーを丸々
温めてしまおうという、わがままな車両なんです。
このスパイク用に特別開発されたルーフヒーティングダクトは、Dピラー内部(車両後方にある骨格に
あたるフレーム内部)に装着され、室内にエアーダクトが飛び出す(またはボコンと内装が飛び出る)
なんて事もありません。 まさに、これは業界初 !!
DSCN1378
ヒーター本体は、フラットベットの下に装備されます。※スパイク開発レポート②をご覧ください。
ヒーター本体から送り出された温風は、各エリアで分岐され車両全体へ行きわたります。
実際にはエアーダクトは車両内部を通るため、吹出し口しか見えませんが…。
DSCN1383
ポップアップ内(2階)の温風吹き出し口です。Dピラーを通ってヒーター本体から温風が送り込まれ
ます。写真には写っていませんが、これ本当にあったかい!ホントにほっかほか。
DSCN1366
ポップアップ内(2階)に送り込まれた温風は、「2階は寒いんじゃないの?」というお客様の不安を
一掃します。眠りに襲われるまで好きな本を読む、そんなのってとってもいいですよね。
あぁ~本当に、し・あ・わ・せ。
ながながと続いてきました開発レポートですが、そろそろ終わりが近づいてきました。
次はテーブル?? ギャレー?? こうご期待 !!
by “kaihatu”