チャンスは平日にやって来る‼

これまでのバイク選び、肝心の試乗が短くてなんだか“物足りない”と感じるあなた!
このたびモトスクエア全店で、平日限定で最新モデルを朝借りて、翌日閉店時間まで長時間の試乗が 可能な“2Days 試乗キャンペーン”を開催いたします。

これまで20~30分間の試乗時間が、なんと一泊二日に拡大‼
費用は保険料一日1,000円(二日間の場合は2,000円)のみ

一泊二日の2Days 試乗キャンペーン スケジュール

月曜日 10:00~火曜日 18:00まで
火曜日 10:00~火曜日 18:00まで
木曜日 10:00~金曜日 18:00まで
金曜日 10:00~金曜日 18:00まで

※試乗は上記の時間内なら短時間でも可能です

※保険補償内容: 対人 無制限 対物 1000万円(免責0円) 人身傷害 なし 搭乗者傷害 500万円(死亡・後遺症) 入通院5区分(医療保険) ※入通院5日未満1万円・5日以上10万円 車両 一般 免責5万 ロードサービス

 

Learn More

失敗しない輸入バイク選びの、5つのポイントをご紹介します

2Days試乗のポイント①

作り手の意図を感じよう

輸入バイクは随分形が違うんだななんて思ったことはありませんか?
それぞれ目的があってあの様ないろいろな形をしています。 形が千差万別ということはバイクの用途も千差万別。目的のために特別に作られているからです。
いま欧米で走っているバイクは実用車としての面よりもずっと趣味性が高くなり、それぞれのバイクは特別な目的を持っています。

たとえばヨーロッパの高速道路、アウトバーンを快適に高速巡航するためのバイクもあれば、険しい山の中、ガケをよじ登る為に作られるモデルや、 コミューターと呼ばれる街中を快適に移動するためモデルなど様々です。
2DAYS試乗キャンペーンでは、あなたの思い描くライフスタイルに合わせて試乗するマシンがチョイスできるよう様々なモデルを用意しました。
個性の強い輸入バイクブランドならではの、他にはないデザインや質感の高い外装、美しいアルミ素材の仕上げなど、存分に味わい、マシンの魅力を引き出し、十分に体感するための2DAYS試乗キャンペーンなのです。

Learn More

2Days試乗のポイント②

ツーリングモデルのかつてない進化を体感しよう

輸入バイク各社より発売されているツーリングモデルのラインナップかつてない進化には驚くべきものがあります。
長距離を一気に走っていられるツアラーモデルや、 いつまでも降りずに快適なバイクの旅を可能にしたツーリングモデルが続々リリースされています。一泊二日の2Days試乗では長距離ランでその真価を確かめよう。

Learn More

2Days試乗のポイント③

夏よりも秋冬の方が実は快適なんです

ライダーたるもの、やはり寒い季節もバイクライフを満喫したいですね。
その理由は・・・
『空気が澄んで景色がいい』
『観光地も交通量が少ない』
『夏よりもライディングウエアで温度調節がしやすい』
『虫が少なくバイクが汚れない』
『草木が枯れて道路の見通しがいい』
『温泉が気持ちがいい』
『雨の日が少ない』などなどたくさんあります。
これからの季節に備えて試乗ツーリングで運命の一台を見つけ、ウインターツーリングに出かけませんか。

Learn More

2Days試乗のポイント④

輸入モデルが美しい理由

どんな輸入バイクも例外なく、たくさんの技術者職人たちがその目的の為に思案し試験を繰り返して、丹精込めて作られています。
なので輸入バイクは価格の高い安いは関係なくどれも、限りなく芸術品に近い工業製品です。
最長2日間の試乗ツーリングでは、美しさを存分に体感してください。 

Learn More

2Days試乗のポイント⑤

理想的な1台を手に入れる秘訣

バイクのある生活はとても楽しく刺激に溢れています。 「どんなバイクを手に入れるのか」はやる気持ちを抑えて、あなたにとって相応しいバイクを見つけましょう!
試乗する際に絶対に確認しておくべきポイントはいくつかあります。たとえば、足つき、シートの硬さ、ハンドルまでの距離、取り回しのしやすさなどなど。
詳しくはスタッフにお尋ねください。

Learn More
Learn More

2Days試乗に出発‼

それでは、いってらっしゃいませ。

あなたの運命のマシンが見つかるように、スタッフ一同、全力でサポートいたします。

「バイクを通して多くの仲間に囲まれていい人生を送る」
それが私たちモトスクエアの願い。2DAY試乗キャンペーンは、あなたにとってのベストマシン探しの最大のチャンスです。
ご購入後は モトスクエアが『ライダーにとっての第二の我が家』として、ツーリングからの無事に帰って来る家族を待ち望むような気持ちで、 いつもお出迎えいたします。