MESSAGE
代表メッセージ

FUMIO_KIMURA

『車好き』が高じて、
『多ブランド経営』にまで。

会社を立ち上げたキッカケは『車好き』です。車好き3人で始めました。フォルクスワーゲンのビートルが人気だった頃ですね。国産の中古車を中心に販売していたのですが、当時、後発企業ということもあり何か差別化しなければならないということで、輸入車も手がけていきたいと考えていました。2年後には、計画していた通り『ビートル』をはじめとした輸入車を扱うようになり、『フォルクスワーゲン』に特化していきました。この特化するということが「ホワイトハウス」のブランドを差別化し、お客様が増えるキッカケとなったのでしょうね。
それから、当時では考えられなかった正規ディーラービジネスを始めました。国内メーカーでいえば、HONDAの正規ディーラーをいち早く獲得し、次にPeugeot(プジョー)、その後もどんどん取り扱いブランドを増やしていきました。そして弊社の特長ともいえる『ホワイトハウスに来ていただければ様々なブランドを見て、触れて、購入できる』という、現在の『多ブランド経営』に至りました。

時速400km

白・白・白の『ホワイトハウス』とは。

特にアメリカとつながりがあるわけでは無いのですが…先ほども述べたように、後発企業だったため、何としても覚えてもらいやすい社名にしたかったのです。建物もオフィスも白色一色にしました。また、当時白い車が大流行していました。白い建物で白い車を中心に展示、販売するので「ホワイトハウス」、これが名前の由来です。

人命を救助する
『ポラリス』事業への想い。

多くのブランドの中でも、新たな領域への挑戦となった『ポラリス』事業については、社会的使命感を持って取り組んでいます。自然災害が多い日本において、メディアを見ていると人力に頼っているように見えます。災害救助用につくられた車であるポラリスORVには、どのような道でも救済・救護に向かうことができる。数年前に発生した東日本大震災のこともあり、このようなものをもっと日本に導入できないかという思いから始めた事業です。ポラリスで一人でも多くの命を救うことができればと、車を扱う者として、社会的使命・責任を持って取り組んでいます。
このポラリスに至っては、ディーラーではなくディストリビューター(インポーター・輸入社)、ポラリスの日本法人として動いています。東京モーターショーに出展するなどして、世の中に知られていくうちに、取材を受けたり、各自治体の消防・自衛隊・警察の方にも見学に来ていただいたりしています。

『社員の幸せ』こそが
私にとっての『成功』です。

会社の規模が大きくなって知名度・売上が上がってきたころ、とある新聞記者さんから「社長にとって成功とは何ですか?」という質問を受けました。私は日頃思っていることをそのまま、「社員の幸せ」と答えました。いつの時代も、社員の幸せ・豊かさを願っています。まめに社員にもメッセージを贈るようにしています。

自分のファンをつくることのできる、
『野心家』の皆様へ。

私は、社会人として、ビジネスパーソンとして、「稼ぐ」ということがともかく大事だと思っています。とにかく稼ぎなさいと伝えたい。そしてこのホワイトハウスには「稼ぐチャンス」「稼げる環境」がどこよりもあります。だから、欲のある人間に来てもらいたい。欲を満たすために行動が起せる人。貪欲に、積極的に、能動的に動ける人。そして我々は車を扱う仕事であるため、何より顧客満足度がなければいけない。そのためには「選ばれる人」でなければなりません。お客様にとって、安心・信頼される人であってほしい。
誰よりも自分のファンをつくることができる、野心家の方にぜひ来てもらいたいと思います。

RECRUIT
採用情報

募集要項や求める人物像、
新卒採用及び中途採用についてご案内します。

時速400km