MENU

Smart Reco WHSR-532(販売終了)

「ナイトビジョン」と「WDR」を機能搭載のドライブレコーダー

スマートレコ

Smart Reco WHSR-532

スマートレコ WHSR-532(前後カメラモデル)

Smart Reco WHSR-532の特徴

画像補正:ナイトビジョン(前方カメラ)

ナイトビジョンを実装していない録画画像

ナイトビジョンを実装した録画画像

暗い箇所を明るく補正する「ナイトビジョン」を搭載。

画像補正:WDR(前方カメラ)

WDRを実装していない録画画像

WDRを実装した録画画像

WDR搭載で逆光やトンネルを抜けた直後などの光の急激な変化でも白飛びを極力防ぐことができます。

標準装備:後方カメラ

スマートレコWHSR-532は前方だけではなく、後方カメラで後方の様子も保存します。

■ 後方カメラはこんな時に使える!

  1. 煽り運転の対策として、危険な運転や、重大な事故に遭遇した場合に力を発揮します。
  2. 後方からの追突された後、逃げられてしまった場合。
    スマホを触りながらの運転や、後続車の車種・ナンバー・顔などの録画をします。
  3. 駐車監視中は後方のモーションにも反応して録画します。
    頭から駐車場に駐車する場合だけではなく、車輪止めが無く、通り抜けが出来る駐車場の場合など、追突されるケースにも対応します。

3.5インチの大画面! タッチパネルが見やすい!

SUV・ミニバン・トールワゴンでも見やすい、3.5インチタッチパネルを採用しました。

多機能なのに、簡単操作で使いやすい!

スマートレコWHSR-532は、多機能なため、お客様の運転・駐車状況やクルマの性質に合わせて、より細かな設定が可能ですが、「フォーマットフリー」というmicroSDカードの定期的なフォーマットを必要としない機能があるため、出荷時の状態でも簡単にご使用いただけます。

Smart Reco WHSR-532の製品仕様

製品名
WHSR-532
消費電力
(GPS接続時) 2ch Max.3.3W / 1ch Max.2.6W
前方カメラ
1280×720 [画角]:124度〔対角〕/99度〔水平〕/53度〔垂直〕
ナイトビジョン、WDR搭載
後方カメラ
1280×720 [画角]:124度〔対角〕/90度〔水平〕/66度〔垂直〕
ケーブル長:7m
映像フレーム
前・後方 27.5 fps
オーディオ
[マイク]内蔵マイク、PCM保存[スピーカー]音声案内
ビデオ
H.264(ファイル拡張子:avi)
Gセンサー
3軸加速度センサー
タッチパネル
3.5インチTFTタッチパネル、480×320ドット
セキュリティLED
本体 青色LED ON/OFF可
動作状態LED
常時録画モード動作時 緑色 LED ON / 駐車監視録画モード動作時OFF
GPS
外付 GPSモジュール(みちびき対応)
動作電圧
DC 12V / 24V
録画方式
常時録画 / イベント録画 / 強制録画 / 駐車モーション録画 / 駐車イベント録画
保存媒体
純正micro SD Card Class10 (最大64GBまで)
外形寸法
本体:95.0×62.6×27.3㎜ / 後方カメラ:56.0×28.2×30.2㎜
重量
93.5g (microSDカード含む)
動作温度
-20℃ ~ 70℃
耐冷耐熱温度
-40℃ ~ 85℃
電源遮断機能
駐車監視録画モード中で設定値(時間・電圧)により遮断
・時間設定:6時間/12時間/24時間/使用しない(初期設定:6時間)
・電圧:11.5V/11.7V/11.9V/12.1V(初期設定:11.9V)
ビューアー対応OS
Windows8、10
製品保証期間
2年 ※後方カメラは1年間保証

Smart Reco WHSR-532の本体同梱品

  • 電源ケーブル
    電源ケーブル
  • SmartReco専用microSDカード
    SmartReco専用microSDカード
  • microSDカードリーダー
    microSDカードリーダー
  • 六角レンチ
    六角レンチ
  • 本体固定用両面テープ(2枚)
    本体固定用両面テープ(2枚)
  • 結束バンド(10本)
    結束バンド(10本)
  • クッションテープ(1枚)
    クッションテープ(1枚)
  • 取扱説明書
    取扱説明書
  • 後方カメラ
    後方カメラ
  • 後方カメラと本体を繋ぐケーブル
    後方カメラと本体を繋ぐケーブル
※ 本体と取り付けステー、後方カメラと後方カメラ接続ケーブルは省いております。
※ GPSモジュールはオプション販売となっております。

Smart Reco WHSR-532のよくあるご質問

スマートレコ Smart Reco WHSR-532のよくあるご質問の一部を紹介します

スマートレコ WHSR-532 出荷時の設定について

WHSR-532は、出荷時に「microSDカード 16GB」が同梱されています。

microSDカード内の駐車監視モードを保存する領域(割合)は「25%」になっております。

常時録画 128分
イベント録画 9分
駐車モーション録画 39分
駐車イベント録画 5分
  • 各項目ごとに、録画データが満杯になると古いデータから上書き保存を行います。
  • SDカードの容量を変更したり、駐車監視モードの割合を「0%」や「50%」に変更することで、録画の時間が変わります。
  • 他の設定や、容量の違うmicroSDカードを使用した場合の時間は、取扱説明書をご確認ください。

機能に「フォーマットフリー」とありますが、どういった機能ですか?

スマートレコの使用を続けていますと、microSDカードに「不良セクタ」と呼ばれる不要のデータが溜まっていき、動作を不安定にする要因となっておりました。
従来品の場合、不良セクタを削除するために定期的な「フォーマット」が必要でしたが、WHSR-532についてはフォーマットを行わなくても順調に動作できるような仕組みを搭載しております。結果として、定期的なフォーマットが不要となりました。

機能に「当て逃げお知らせボイス」とありますが、どういった機能ですか?

スマートレコのほとんどの機種に「駐車監視録画モード」が搭載されております。
当て逃げお知らせボイスは、駐車監視中にスマートレコ本体に衝撃を感知した場合、エンジンをONしたとき「駐車監視中に衝撃を感知しました」と音声で案内します。
※ 駐車監視録画モードが「電源遮断機能」などの理由でOFFになっている場合、擦り傷などスマートレコ本体まで衝撃が届かなかった場合は、当て逃げお知らせボイスは再生されません。

その他のご質問

Smart Reco WHSR-532の取り付け方法

前方カメラの取り付けについて

お車のバッテリーから直接取ることになります。
フロントガラス全体の上部20%以内もしくは下から15センチ以内に装着します。
ワイパーの払拭範囲内に取り付けてください。また、ドライブレコーダー本体が視界の妨げにならないよう十分注意して取付けしてください。

後方カメラの取り付けについて

前方カメラより、有線ケーブルで接続します。
設置位置は、リアガラスの上部中央辺りが一般的です。両面テープで車内に取り付けます。

GPS(オプション)の取り付けについて

前方カメラより、有線ケーブルで接続します。
設置位置は、モジュールに書かれた「GPS」の面が受信面になりますので、他のGPSと干渉しない場所に貼り付けます。

カメラの種類

従来は車内撮影カメラの装着は不可でしたが、改正後は車内撮影が可能になります。

注意

2017年6月、保安基準改正により、フロントガラスに設置できる「取付位置」と「カメラの種類」が増えました。